世田谷区用賀「キンのツボ」で開講。クラシックアンサンブル専用レッスン・バイオリン・ビオラ・チェロ、その他管楽器生徒募集

KMCクラシックアンサンブル公式ウェブサイト

 

ホーム

 

講師紹介

 

レッスン場所・連絡先

 

レッスンの様子・写真

 

レッスン申込

 

2017年2月開講!



  • キンのツボ
  • 音楽レッスン仲介KMC

 

KMCクラシックアンサンブル

講師紹介

 

バイオリン小佐井真希

VIOLIN 小佐井真希

4歳よりヴァイオリンを始める。東京音楽大学付属高等学校を経て、同大学ヴァイオリン科卒。1992年、全四国音楽コンクール第一位。02年、オーディションに合格し、第13回江戸川区新人演奏会出演。06年、四万十国際音楽祭にて、オケをバックにヴィヴァルディ作曲『「四季」より秋』を、ソリストとして演奏。同年、秋吉台国際芸術村の室内楽セミナーに参加。在学中は、室内楽を特に学び、ティボールコヴァッチ・元イムヂチカルテットのマリアーナシルブの特別レッスン受講。また、弦室内楽アンサンブルメンバーとして、トッパンホールでの演奏会に06、07年連続出演。2010年レインボウ21サントリーホールデビューコンサート出演。現在は、都内プロオケのエキストラや、様々な場所でのソロ、室内楽演奏などを中心に活動中。昭和楽器ヴァイオリン講師。また、2008年より、母であり芸大出身のピアニスト小佐井淑子と共に、「小佐井ファミリーによる夏の宴」と題したコンサートを開催し、地元高知でも演奏活動を行っている。クラシック以外のジャンルでは、様々なアーティストのバックストリングスとしてTVやPV、レコーディング、コンサートに参加。昨年はディズニーランドメインショー出演、キンキキッズツアー参加。これまでに、須加陽子、山岡耕筰、海野義雄の各氏に師事。

<レッスンの特徴>


ビオラ矢澤麗子

VIOLA 矢澤麗子

幼少よりヴァイオリンを始め、20歳よりヴィオラを専攻。 京都市立芸術大学にて平田泰彦氏に、パリ地方音楽院にてブルーノ・パスキエ氏に、ジュネーブ国立音楽院にて今井信子氏に師事する。 これまでオーケストラ奏者、室内楽奏者として活動。 アマチュア奏者~音大受験生など様々な方を指導する。 2007年~2015年大阪交響楽団首席ヴィオラ奏者。

<レッスンの特徴>


チェロ佐藤舞希子

CELLO 佐藤舞希子

1984年05月24日、東京生まれ。 1988年東京音楽大学付属音楽教室ピアノ科入室、卒室。 2000年東京音楽大学付属高校チェロ科入学、卒業。 2003年東京音楽大学チェロ科入学、卒業。 
2005年インストゥルメンタルバンド『蝦馬』(えびうま)を結成。 2011年に蝦馬を脱退後、
インストゥルメンタルバンド『カメレオンbaby』を結成、活動中。 2012年、自身のソロ1st.アルバム『Soul Mirror』を発売。 2014年公開映画『魔女の宅急便』にて楽曲内のソロチェロを担当。 同年4月からBS JAPAN『日経プラス10』番組内の音楽担当。 クリエイター集団『cooch』の音楽担当として舞台音楽等の制作に携わる他、チェロ、ピアノ、ジュニアオーケストラの指導、バンドサポートやオーケストラのサポート、また三味線や和太鼓との和洋コラボレーションプロジェクト演奏会を各地で行うなど、幅広いジャンルで積極的に活動を行う。

<レッスンの特徴>


ピアノ井出徳彦

PIANO 井出徳彦

桐朋学園芸術短期大学を卒業後、渡欧。 ウィーン国立音楽大学歌曲伴奏科入学。 2012年夏に帰国。 在学中、伴奏者、またはアンサンブル奏者の一員として、広島、長野、静岡などの各地、マレーシア、中国、ウィーンで様々な演奏会に出演しています。

<レッスンの特徴>